敏感肌にセラミドがおすすめ

subpage01

敏感肌のためのスキンケア化粧品でよく配合されている成分が「セラミド」です。

実はもともと肌にある成分で、肌の一番外側の表皮の角質層に存在しています。

肌の細胞と細胞はレンガの壁に例えられることが多いのですが、そのレンガとレンガの間のセメントの部分に細胞間脂質というものがあり、その主成分がセラミドです。
細胞間脂質の半分を占める、潤いに欠かせない重要な成分です。


最近では、多くの敏感肌のスキンケア化粧品に配合されるようになり、肌や髪の潤いのため、圧倒的に支持されている成分となっています。

その保湿力はヒアルロン酸のように優れ、肌バリアを助けます。


セラミドが充実している肌は、水分をたっぷりと含み、みずみずしい肌となります。
年齢などにより不足すると、カサカサの乾燥肌につながりますので、敏感肌の人は、特に補いたい成分のひとつです。

セラミドは敏感肌におすすめですが、その種類はいくつかあります。

まず、馬などの動物から抽出される天然もの、酵母を利用して生成されるヒト型、米ぬか油などから抽出される植物由来のもの、石油原料から作られる合成です。

敏感肌のセラミド情報を、皆様へ配信するサイトです。

この中でおすすめなのはヒト型セラミドで、私たちの皮膚に含まれるものとほとんど同じ化学構造なので、保湿力や浸透力に優れていて、肌に優しいという特徴があります。



敏感肌の人は、毎日のスキンケア化粧品で補い、使い続けることで、肌が潤いに満ち、肌バリアの状態を改善できると考えられます。