敏感肌にはセラミドの補給が効果的です

subpage01

敏感肌にはセラミドの成分が入った化粧品を使うといいと言われています。


人間の肌の表皮は、表層と角質層に分かれています。
もともと角質層の細胞間脂質にあって接着剤の働きをする成分です。
そもそも肌に必要なのは過度な水分と適度な油分です。
これらの働きで肌は潤い保護されているのです。
ところが、下界の刺激すなわちほこりや紫外線によって体調不良や敏感肌になってしまいます。


水分の保湿機能や油分が減少してしまいバリア機能が衰え、乾燥肌になってしまうのです。もともと肌が有している成分であるセラミドが少なくなっているのでそれを補給してあげればいいという考え方です。表皮には、異物の侵入を防ぐ機能もあります。

敏感肌のセラミドといえばこちらです。

これもセラミドの役割の一つです。


肌内部の水分を外部へ出さないで潤いを保つ機能も持っています。この機能が加齢によって減少してしまい乾燥肌になってしまうのです。


肌がもともと持っている機能を回復してあげればいいわけです。

すでに敏感になっている肌でももともとある成分ですから刺激物と認識しにくいのです。



つまり自然にあるものと同じ成分のものを補給してあげればいいのです。


セラミドには、種類があります。

動植物から抽出する天然のもの。

酵母などを組み合わせた合成型の物などがあります。人間が一番吸収・活用しやすいのは自然のままのもの、天然セラミドです。


効果を最大限にしたいのなら天然のものを選ぶといいです。

天然成分そのものは敏感肌の方に刺激をもたらすものではなくて一緒に含有されている成分に化学的なものが多いと肌の奥で敵とみなされ刺激と感じてしまうのです。



できるだけ天然成分を補給することが肌の回復をもたらします。